【2021/08】資産のポートフォリオを公開【残り1296万円】

2021年8月ポートフォリオ全公開 ポートフォリオ
この記事を書いた人
ポイ活・資産形成の達人
七瀬れんと@FIREシングルパパ

ポイ活の達人。マネーリテラシーの鉄人。子供が2歳の時からシングルパパに。
育児に全力投球しながらフルタイム会社員として働き、ポイ活と節約で入金力を磨き、米国株インデックス投資と暗号資産による資産運用で資産1億円を達成。子供と過ごす時間を増やすため、43歳でFIRE。
家族の食費はポイ活とふるさと納税だけで賄う、ポイ活のプロフェッショナル。
ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザー。

七瀬れんと@FIREシングルパパをフォローする

【目標】1億3000万0000円
【現在】1億0703万2812円(税引き後)
【残り】1296万7188円

資産の内訳

投資信託・ETF37,862,513円32%
暗号資産(仮想通貨)74,159,106円62%
FX199,935円0%
現金・預金約600,000円1%
確定拠出年金
(日経平均インデックス中心)
6,020,801円5%
2021/8/3時点

現金・預金を最小限にし、99%を運用に回しています。
資産クラス別には、暗号資産(仮想通貨)の割合が高く、非常にハイリスクハイリターンな資産運用を行っています。

もともとは、資産の3割を暗号資産に振り分けていたのですが、2020年末以降の上昇により、資産の6割に膨れ上がったのです。

2021年5月以降、暗号資産は下降トレンドに見舞われ、私も資産が減少しました。
しかし、高騰時に一部利確できていたので、まだ含み益を維持しています。
機を見てリバランスしたいと考えています。

暗号資産は、2021年内~2022年初頃の暴落を予想しているため、撤退時期を探り中です。
FIREまでには、仮想通貨は一度全面的に撤退する予定です。
バブルが完全に崩壊したら、再度参入する可能性はあります。

暗号資産の売却後は、投資信託と債権にポートフォリオを割り当て、ローリスクな運用に切り替えていくつもりです。

投資信託・ETFは、米国株が中心です。S&P500の好調により、こちらも含み益です。

投資信託・ETFの内訳

計 37,862,513 円

SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンドSBI証券31,395,628円
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)楽天証券5,763,225円
全世界株式インデックス・ファンド<一般コース>
(※積み立てNISA)
三井住友信託銀行703,660円

S&P500に連動する、インデックス投資中心です。
順調に増えています。

今後は、米国高配当株と、全世界株式インデックスの割合を上げていきたいところ。

暗号資産(仮想通貨)の内訳

計 74,159,106 円

BEAMバイナンス883,244円
BNBバイナンス1,009,953円
BTTバイナンス769,022円
CHZバイナンス33,478,271円
ENJバイナンス980,973円
ETHバイナンス10,866,213円
FILバイナンス2,239,438円
IOSTバイナンス272,447円
SANDバイナンス2,888,553円
SFPバイナンス1,072,369円
SHIBバイナンス498,735円
SRMバイナンス397,050円
STORJバイナンス7,947円
USDTバイナンス12,559円
XEMバイナンス534,533円
XRPバイナンス2,860,267円
XTZバイナンス3,573,711円
ETHTrust Wallet9,413,798円
Akita InuTrust Wallet727,980円
Kishu InuTrust Wallet79,073円
HuskyTrust Wallet7,381円
BNBMetaMask170,789円
AMTMetaMask999,960円
XYMSymbol Wallet414,837円

CHZとETHが多めで、これだけで暗号資産の7割程度を占めています。

CHZは、暗号資産には興味がない「スポーツファン」というマーケットを取り込むポテンシャルがあり、長期目線で保有しています。
2021年3月の高騰の直前から保有しており、だいぶ落ちたとはいえ、まだ十分含み益があります。

ETHは、PoWからPoSへの移行により、将来的には価値が爆上がりすると予想しているので、期待のガチホをしています。

タイトルとURLをコピーしました