暗号資産『MOOI』とは? 将来性と買い方を徹底解説!【NFT銘柄】

暗号資産「MOOI」とは? 将来性から買い方まで徹底解説 NFTゲーム
この記事を書いた人
ポイ活・資産形成の達人

①ポイ活収入年間100万円以上
②仮想通貨と米国株インデックスで資産運用
③資産1.3億円でFIRE済み
④子供が2歳の時からひとり親
⑤ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザー
お得な情報を発信中!

れんとをフォローする

この記事では、メタバース領域に特化した期待のプロジェクト『MOOI Network』と、そのガバナンストークン(暗号資産の一種)である『MOOI』について、そもそもどんな仮想通貨なのか、将来性から買う方法までの全てを徹底解説します。

かな
かな

仮想通貨初心者のゲームプレイヤーがMOOIを買う方法も、この記事を読めば全部わかるよ!

この記事を読んでわかること
  • 『MOOI』って何?
  • 『MOOI Network』を開発しているのはどんな企業?
  • 『MOOI』は将来有望な仮想通貨なの?
  • 『MOOI』買う方法は?

かな
かな

こんな疑問に、仮想通貨投資歴5年、NFTゲーム歴2年、MOOI投資家の私がお答えするよ!

結論としては、『MOOI』は将来性が非常に期待できる暗号資産(仮想通貨)で、今後、NFTゲームのプレイヤー層(特に女性)が拡大していくにつれて、『MOOI』の価値が増していくことを期待できます。

『MOOI』はまだ運用開始されたばかりで、大手の取引所には上場しておらず、買い方は複雑です。それほど難しくはないですのが、買うまでの手順が多く、けっこう大変です。しかし、その分先行者利益が期待できます。

今後『MOOI Network』が発展すれば、『MOOI』が取引所に上場して簡単に買えるようになるかもしれませんが、価値が高騰してしまう可能性もあります。

一般的に、新しい仮想通貨が大手取引所に上場すると、価値が跳ね上がることが多いです。

かな
かな

今のうちに『MOOI』を買っておけば、ひょっとしたら何倍にもなって返ってくるかも!?

でも、リスクも大きい投資なので、無理のない範囲で、自己責任でMOOIを買ってね!

仮想通貨初心者でもMOOIを買えるように、この記事では、MOOIを買う手順を画像付きで詳しく解説します!




  1. 『MOOI』とは?
    1. 『MOOI概要』
    2. ココネ株式会社とは?
      1. ココネの新作ゲーム『ClawKiss』もMOOI Networkで運用
  2. 『MOOI』の将来性は?
    1. ココネ社のグループ企業が運用
    2. MOOI Networkのエコシステムが既にローンチ済み
    3. 発行総数の上限が決まっている
    4. 大手取引所に上場しておらず、伸びしろが大きい
  3. MOOIを買う方法
    1. 暗号資産取引所に口座開設する
      1. ビットフライヤーへの口座開設でボーナスを貰う方法
    2. 暗号資産取引所でMATICを買ってウォレットに送金する
      1. ビットフライヤーで「MATIC」を買う手順
      2. 自分の仮想通貨ウォレットを作る手順
      3. ビットフライヤーからメタマスクにMATICを送金する手順
    3. 「MATIC」を使って、トークン「MOOI」を買う
      1. MeshswapでMATICをoMOOIに交換する手順
      2. oMOOI・oKLAYトークンをメタマスクにインポートする手順
    4. oMOOIをMOOI Network上に移動(ブリッジ)する
      1. MOOI Walletでウォレットを作成する手順
      2. 「Klay」の受信アドレスを確認する手順
      3. 「Orbit Bridge」でMOOIをブリッジする手順
    5. 「MOOI Swap」でMOOIをブリッジする
  4. この記事のまとめ
  5. (おまけ)無料で仮想通貨を貰えるサービス
    1. 無料で仮想通貨を貰えるサービス総まとめ
      1. 口座開設でビットコインを貰える『ビットフライヤー』
      2. 紹介リンクからの会員登録で1000円分のビットコインを貰える『ビッコレ』
      3. 歩いてビットコインを貰えるアプリ『BitWalk』
      4. 歩いたり記事を読んでビットコインを貰えるポイ活アプリ『Cheeese』
      5. 無料で仮想通貨を貰えるサービス『BetFury』
      6. 無料でビットコインを貰えるサービス『freebitcoin』
    2. Play to Earn! NFTゲームで遊びながら仮想通貨を稼ごう!
      1. アバターを着せ替えしながら仮想通貨を稼げる『ClawKiss』

『MOOI』とは?

ブロックチェーンプロジェクト『MOOI Network』のガバナンストークン(保有することで特典を受けられる、株式のような機能を持つ仮想通貨)が『MOOI』です。

『MOOI Network』とは、メタバース領域に特化したブロックチェーンプロジェクトで、2022年6月に運営開始された新しいネットワークです。

日本の「ココネ株式会社」のグループ企業が運営しており、アバターを活用したNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)を中心に、メタバースで活用することを目的に開発・運用されています。

ココネ株式会社は、アバター技術を武器に、人気ゲーム「ポケコロ」や「リヴリーアイランド」などの、特に女性に人気のある癒し系着せ替えゲームを数多くリリースしている企業です。

ポケコロ
リヴリーアイランド
リヴリーアイランド

ココネ社が運営する新作着せ替えゲーム『CkawKiss』には、MOOIで売買できるNFTが導入されています。『ClawKiss』は、無料で始めることができます。

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
ClawKiss_DL_QR




『MOOI概要』

プロジェクト名MOOI Network
運営企業POST VOYAGER PTE LTD.(シンガポール)
※日本のココネ株式会社のグループ企業
公式サイトhttps://mooinetwork.io/mooinetwork
公式Twitterhttps://twitter.com/mooi_network
ホワイトペーパーhttps://whitepaper-6.gitbook.io/mooi-network/whitepaper/
ガバナストークン$MOOI
発行総量10億枚
エコシステムjellyme(NFTマーケットプレイス)
MOOIウォレット
MOOI swap(DEX)
運用開始2022年6月30日

ココネ株式会社とは?

ココネ株式会社(cocone)は、女性に人気のゲーム「ポケコロ」や「リヴリーアイランド」などゲームをリリースしている、東京都の日本企業です。

世界中に4200万人のユーザーを抱え、CCP(着せ替えゲーム)のジャンルでは、圧倒的な国内シェアを誇ります。

これらのゲームでは、デジタルアイテムを14万種制作し、90億個流通させた実績があります。NFTとの相性が良さそうな企業です。

「ポケコロ」は、指原莉乃さん、小倉優子さん、ロバート秋山さんら人気芸能人がCMキャラクターを務め、2017年にはユーザー数1000万人を突破した人気ゲームです。

ポケコロ CM画像
画像出展:ApplivGames

ディズニー初のアバターアプリ「ディズニー マイリトルドール」の開発・運用もココネ社が手掛けています。また、韓国企業のNHNが運営していた「ハンゲーム」を2019年に買収して、現在はココネ社が運営しています。

ハンゲーム
画像出展:『ハンゲ』

ココネの新作ゲーム『ClawKiss』もMOOI Networkで運用

ココネ社は、近年はWEB3.0のNFTゲームに力を入れています。2022年12月には、MOOI Network上で運営されている「セルフィー」ブランドのアバターを活かした新作CCPゲーム『ClawKiss』をリリースしました。

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
ClawKiss_DL_QR

無料でプレイできるので、MOOIに興味がある方や、MOOIへの投資を検討している方は、試しにプレイしてみると良いでしょう。投資する価値があるか、自分で見極めることが大切です。

ClawKissについての詳細は、ClawKissってどんなゲーム? 始め方・遊び方を解説!【稼げる癒し系NFTゲーム】の記事で詳しく解説しています。




『MOOI』の将来性は?

かな
かな

私個人としては、『MOOI』にかなりの将来性を感じているよ!

実は、もう高額な投資をしちゃっています!

MOOIに将来性を感じる4つのポイント
  1. 世界中に4200万ユーザーを抱え、デジタルコンテンツの圧倒的な流通実績を持つココネ社のグループ企業が運用
  2. MOOI Networkのエコシステム(専用ウォレットやDEXなど)が既にローンチ済み
  3. 発行総数が10億枚と決まっている
  4. まだ大手取引所に上場しておらず、伸びしろが大きい

ココネ社のグループ企業が運用

「ココネ株式会社とは?」でも解説した通り、ココネ社はCCP(着せ替え)ゲームで圧倒的なシェアを誇り、国内だけなく世界中に4200万人のユーザーを抱えています。

MOOI Network上で稼働するNFTゲームは、既に『ClawKiss』などがリリースされていますが、今後も数年以内に10以上のサービスがリリースされる予定とのことです。

そのうち一つでも、『ポケコロ』のように大ヒットすれば、MOOIもかなり高騰する可能性が高いでしょう。

MOOI coinpost記事
画像出展:coinpost




MOOI Networkのエコシステムが既にローンチ済み

ローンチ済みのMOOIエコシステム
  • MOOI wallet(ウォレット)
  • MOOI Swap(DEX)
  • Jelllyme(NFTマーケットプレイス)

MOOI Networkのエコシステムで重要な位置づけである、MOOIの独自ウォレット「MOOI wallet」、DEX(分散型取引所)の「MOOI Swap」や、NFTマーケットプレイスのJellymeが既にサービス開始しており、稼働実績があります。

また、これらを活用する10以上のゲームタイトルが今後リリースされることになります。

プロジェクトが順調に進んでおり、今後頓挫する危険性は低いといえます。

発行総数の上限が決まっている

MOOIは、ビットコインなどと同じように、発行総数があらかじめ決まっています(10億枚)。そのため、ゲームのユーザーやMOOIのホルダーが増えるほど希少価値が上がり、値段が高騰していく可能性が高いと言えます。

MOOI total supply
画像出展:『MOOI whitepaper』

大手取引所に上場しておらず、伸びしろが大きい

仮想通貨は、大手取引所に上場すると、それをきっかけに価格が高騰することが多いです。

2023年1月に発表された分析結果によると、世界最大手の「Binance」に上場された仮想通貨は、上場初日に平均41%、上場後の30日間で平均73%も上昇していることが判明しました。

「MOOI」が取引所に上場されるかわかりませんが、ひょっとしたら、MOOIは今、上の画像の左端の方にいるのかもしれません。

MOOI Network上のゲームがヒットすれば、上場の可能性も高まります。MOOI保有者は、例えばTwitterなどのSNSでゲームを盛り上げることでMOOIの上場が一歩近づくかもしれませんね。

まずは『ClawKiss』をプレイして、MOOIを買う価値があるのか、ぜひ見極めて下さいね!

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
ClawKiss_DL_QR




MOOIを買う方法

かな
かな

この記事では、暗号資産(仮想通貨)取引所に口座を開設するところから、『MOOI』を買ってMOOI Walletに送金するまでの全ての手順を解説するね!

MOOIを買うまでの5STEP
  1. 暗号資産取引所に口座開設
  2. 暗号資産取引所でMATICを買ってウォレットに送金
  3. MATICでoMOOIを買う
  4. oMOOIを「Klaytn Network」上に移動させる
  5. MOOIを「MOOI Network」上に移動させる
かな
かな

「MOOI」は取引所に上場していないので、最初に「MATIC」を買って、それを「MOOI」に交換する必要があるの。

暗号資産取引所に口座開設する

日本の暗号資産取引所のうち、MATICを買える取引所はごく一部です。おすすめは「ビットフライヤー」と「ビットバンク」です。

MATICを買えるおすすめ取引所

ビットフライヤー

日本の大手暗号資産取引所。MATICは「販売所」でしか買うことができないので、本来の相場よりも少し不利な価格で買うことになる。仮想通貨初心者向き。

■ビットバンク

MATICを「取引所」で買うことができるので、本来の相場通りの価格でMATICを買える。仮想通貨投資のベテラン向き。

販売所:取引所を相手方として売買する。必ず取引が成立するが、本来の相場よりも少し不利な価格で売買することになる

取引所:取引所のユーザー同士で売買する。売買相手がいれば本来の相場通りの金額で売買できるが、取引が成立しないこともある

かな
かな

仮想通貨初心者には「ビットフライヤー」がおすすめだよ!

口座開設で、少なくとも4000円のボーナスを貰える方法を紹介するので、初めての取引は無料のボーナスの範囲内で練習するといいよ!

この記事で解説するMOOIの買い方も、ビットフライヤーを使う前提になっているよ。

ビットフライヤーへの口座開設でボーナスを貰う方法

ビットフライヤーへの口座開設でボーナスを貰う方法は、こちらのリンク先の記事で詳しく解説しています。

かな
かな

リンク先の記事を参考にビットフライヤーに口座開設して、ボーナスで貰えるビットコインを売って日本円にしてね!




暗号資産取引所でMATICを買ってウォレットに送金する

ビットフライヤーで「MATIC」を買う手順

かな
かな

ビットフライヤーで口座開設したら、『ビットフライヤー』で最もお得に口座開設する方法の記事を参考に、ボーナスで貰ったビットコインを売って日本円に替えるか、銀行などでビットフライヤーに日本円を入金してね。

その日本円で「MATIC」を買う手順を説明するよ!

  1. 『ビットフライヤー』アプリを起動して、「販売所」をタップして「ポリゴン」をタップします。
ビットフライヤー販売所 MATIC
画像出展:『bitFlyer』アプリ
  1. 右下の「買う」をタップします。
画像出展:『bitFlyer』アプリ
  1. 買いたい金額を入力し、「買い注文に進む」をタップします。

ビットフライヤーからウォレットへの出金時に、19MATIC(2023年1月時点)の手数料がかかります。それを考慮した金額を買いましょう。

※将来、手数料は変動する可能性があります。

かな
かな

MOOIを買うまでの手順で、手数料が一番高いのがこの送金手数料なの。

これ以外にも何回か手数料が発生するけど、他は数円~数十円くらいだよ。

ビットフライヤー販売所 金額入力画面
画像出展:『bitFlyer』アプリ
  1. 「買い注文を確定する」をタップします。
ビットフライヤー販売所 買い注文確定画面
画像出展:『bitFlyer』アプリ
  1. これで、MATICの購入は完了です。




自分の仮想通貨ウォレットを作る手順

かな
かな

取引所で買った仮想通貨「MATIC」は、取引所に保管されているので、そのままではMOOIに交換することはできないの。

まずは、取引所から自分のウォレット(仮想通貨の財布)にMATICを送金する必要があるんだよ!

れんと
れんと

銀行からお金を下ろすような感じなのかな?

コンビニのATMでも下ろせるの?

かな
かな

日本のATMでは、仮想通貨は引き出せないよ。その代わり、わざわざATMに行かなくても、自宅で送金できるから、慣れればATMよりも便利なの。

最初は、スマホアプリで、仮想通貨のウォレット(財布)を作るところから説明するね!

れんと
れんと

仮想通貨のウォレット?

なんていうアプリで作れるの?

かな
かな

MATICに対応している仮想通貨のウォレットアプリはいくつかあるんだけど、一番有名で利用者も多い、定番の『メタマスク』というアプリがおすすめだよ。

MetaMaskのダウンロードGoogle Playで手に入れよう
MetaMask_DL_Android_QR
App Storeからダウンロード(iOS)
MetaMask_DL_iOS_QR

メタマスクに自分のウォレットを作る手順については、こちらのリンク先の記事で詳しく解説しています。

「メタマスク」を「MATIC」に対応させる
かな
かな

「メタマスク」では、色々な種類のブロックチェーン(仮想通貨のネットワーク)を取り扱うことができるけど、「MOOI」を買うために必要なMATICを扱うためには、「Polygon」ネットワークを手動で追加する必要があるんだよ!

メタマスクにPolygonネットワークを追加する手順については、こちらのリンク先の記事で詳しく解説しています。




ビットフライヤーからメタマスクにMATICを送金する手順

かな
かな

メタマスクにPolygon Networkを追加できたら、次はビットフライヤーで買った「MATIC」を自分のウォレットに送金してね!

ビットフライヤーからメタマスクに「MATIC」を送金する手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。




「MATIC」を使って、トークン「MOOI」を買う

かな
かな

メタマスクにMATICが着金したら、次はそのMATICをMOOIに交換する手順を説明するね!

MATICと交換するMOOIは「oMOOI」といって、本来のMOOIとは別のネットワーク上にあるんだけど、買った後にネットワークを移動して「MOOI」にすることができるんだよ。

MeshswapでMATICをoMOOIに交換する手順

かな
かな

MATICとoMOOIの交換には、「Meshswap」(メッシュスワップ)というサービスを使うよ!

Meshswapでは、「oMOOI」の他に、「oKLAY」というトークンも少し買う必要があります。この後のステップで手数料として使うためです。

oKLAYは、1KLAY(2023/1の相場で20円くらい)もあれば十分です。

※KLAYの最新相場は、CoinMarketCapで確認できます。

以下の手順説明の画面例では交換先が「oMOOI」になっていますが、oMOOIより先に、oKLAYと交換しておくことをおすすめします。

oKLAYを先に交換する方が良い理由
  • 交換枚数の計算が楽になるから
  • oKLAYは少ない金額で良いので、少額で練習できるから
  1. こちらのボタンまたはQRコードから、「Meshswap」にアクセスします。
Meshswap_QR

「メタマスク」をインストールしたデバイスで開く必要があります。

  1. 「Connect Wallet」をタップします。
Meshswap connect wallet
画像出展:『Meshswap』
  1. 「Metamask」をタップします。
Meshswap connect MetaMask
画像出展:『Meshswap』
  1. Meshswapのサイトがメタマスク上で開かれます。
    画面上部に「Polygon Mainnet」が選択されていることを確認してください。右上に「Connect Wallet」のボタンがある場合は、もう一度「Connect Wallet」をタップします。
Meshswap Polygon Mainnet
画像出展:『Meshswap』
  1. 「Metamask」をタップします。
Meshswap connect MetaMask2
画像出展:『Meshswap』
  1. メタマスクの確認メッセージが表示されたら、「接続」をタップします。
Metamask このサイトに接続しますか?
画像出展:『メタマスク』アプリ




  1. 「Risk & Security」が表示されたら、チェックを入れて「Confirm」をタップします。

リスクとセキュリティ
Meshswapの利用には、以下のようなリスク要因があることをご承知おきください。


– Meshswapは、中央集権を持たないブロックチェーン分散型プロトコルです。ユーザーは、自己の責任と判断において、他のユーザーが作成したブロックチェーン上の流動性プールを介して取引に参加します。そのため、ユーザーのミスによる結果に対して、誰かやKLAYswapからリカバリーサポートを受けられない可能性がありますので、ミス(誤送金など)によるリスクを管理するために、まずは少額でテストすることを常に推奨しています。


– Meshswapのウェブサイト上で確認できる全てのアセットとアセット流動性プールは、ユーザーが個別の審査を経ずに自己登録したポリゴン(Matic)チェーン上のトークンであり、その安全性はMeshswapチームによって保証されるものではありません。


– AMM(Automated Market Maker)方式の性質上、ユーザーがMeshswap上で資産を交換する場合、スワップサイズ、現在プールで待機している資産の量(比率)、プールへのリアルタイム入出金などにより、その時点でユーザーに適用される資産価格は大きく変動する可能性があります。


– 資産価格の変動により、ユーザーが想定していなかった価格や比率の資産がプールに入出金される可能性があります。また、プールに預けた時点の価格から変動があった場合、単に資産を保有している場合と比較して、出金時に損失が発生する可能性があります。


– 本サイトに表示される数値は、利用者の判断のために提供される推定情報であり、データの適時性、適合性、正確性を保証するものではありません。

(※2023/1/10時点の翻訳です。将来、原文が変更されることがあります)

Meshswap Risk & Security
画像出展:『Meshswap』
  1. MeshswapとMetamaskが接続されました。次に、「swap」をタップします。
Meshswap topmenu
画像出展:『Meshswap』
  1. トークンを交換する画面が表維持されます。「from」の欄が「MATIC」となっており、メタマスクウォレット内の枚数(Balance)が正しく反映されていることを確認します。
    問題なければ、「to」の欄の「Token」をタップします。

MATICのBalanceが「0」と表示される場合は、Meshswapとメタマスクの接続ができていない可能性があります。

Meshswap swap画面1
画像出展:『Meshswap』
  1. 交換できるトークンの一覧が表示されます。下にスクロールして、「Orbit KLAY(oKLAY)」または「Orbit MOOI(oMOOI)」をタップします。

「orbit MOOI」よりも先に「orbit KLAY」に交換することをおすすめします。

Meshswap トークン選択
画像出展:『Meshswap』




  1. 「Asset Risk Disclaimer」が表示されたら、チェックを入れ、「Confirm」をタップします。

資産リスクに関する免責事項

トークン鋳造とプール作成は誰でも行うことができ、デューデリジェンスプロセスなしでMeshswapに追加されます。
同名のトークン、不釣り合いなプール価格比率、取引不可能なペアなどは、誰でも作成可能であり、その結果、資金が失われる可能性があります。
お客様の資産の安全のため、アクションを実行する前に必ずトークンの身元とその採掘者(財団)を確認し、関連するすべてのリスクと利益を認識するようにしてください。

(※2023/1/10時点の翻訳です。将来、原文が変更されることがあります)

要するに、「偽物に気を付けてね」ということです。万一、交換先トークン一覧の画面にoMOOIが複数あったら、偽物を警戒した方が良いでしょう。

Meshswap oMOOI Asset Risk Diclaimer
画像出展:『Meshswap』
  1. 交換する枚数を入力します。
交換する枚数
  • oKLAYと交換するときには、「To」の下の入力欄をタップして、KLAYの枚数を「1」と入力します。
  • oMOOIと交換するときには、「From」の下の入力欄をタップして、MATICの枚数を「Balance」(現在の保有枚数)よりも0.1ほど少ない数字を入力しましょう。

この後のステップで、手数料として少量のMATICとKLAYが必要になるので、0.1MATICと1KLAYを残して、それ以外を全てoMOOIに交換します。

Meshswap 交換額入力
  1. 交換する相手の枚数は、その時点の相場に応じて自動的に入力されます。確認して、「Swap」をタップします。
Meshswap swap from MATIC to MOOI 2
画像出展:『Meshswap』




  1. 確認画面が表示されます。「Confirm」をタップします。
Meshswap swap確認画面
画像出展:『Meshswap』
  1. 確認画面が表示されます。「確認」をタップします。

交換には若干の手数料がかかり、「fee」の欄に手数料の金額が表示されます。

この画面例では0.03121MATICです。(2023年1月の相場で3~4円程度)

Meshswap トランザクション確認
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. 数十秒後、「トランザクションが完了しました」と表示されたら、交換完了です。
Meshswap トランザクション完了
画像出展:『メタマスク』アプリ

「Fail」と表示されたらエラーです。ネットワークの混雑などで、たまに発生します。少し時間をおいてから再度やり直すと解決することが多いです。

  1. メタマスクの画面左上のメニューで「ウォレット」をタップし、MATICが減ってoMOOIが増えていることを確認します。
メタマスク MATIC枚数を確認
画像出展:『メタマスク』アプリ
れんと
れんと

あれっ!?

MATICは減ってるけど、oMOOIもoKLAYも無いよ!!

消えちゃった?

かな
かな

心配しないで!

ちゃんと入金されていても、メタマスクでoMOOIやoKLAYを見えるようにする設定をしないと見えないの。次は、その手順を説明するね。

ここまでで、Meshswapでの交換手順は完了です。

oKLAYへの交換が終わったら、「MeshswapでMATICをoMOOIに交換する手順」に戻り、再度同じ要領でoMOOIに交換しましょう。




oMOOI・oKLAYトークンをメタマスクにインポートする手順

  1. メタマスクでpolygon networkに接続した状態(MATICが見えている状態)で、「トークンをインポート」をタップします。
メタマスク MATIC枚数を確認
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. 「カスタムトークン」をタップします。
メタマスク トークンをインポート画面(polygon mainnet)
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. こちらの表から「トークンアドレス」をそれぞれコピーして、メタマスクの「トークンアドレス」欄にペーストします。(トークンアドレスだけ入力したら、通常、他の2項目は自動反映されます。)
    入力が完了したら、「インポート」をタップします。

oMOOIとoKLAYをそれぞれインポートする必要があります。

oMOOIの
トークンアドレス
0x746351AB4B9d4f802B7b770f33184d0A6B17363D
トークンシンボルoMOOI
Token Decimal18
出展:「polygonscan」
oKLAYの
トークンアドレス
0x0A02D33031917d836Bd7Af02F9f7F6c74d67805F
トークンシンボルoKLAY
Token Decimal18
出展:「polygonscan」
メタマスク トークンアドレス入力画面(oMOOI)
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. ウォレットに「OMOOI」と「OKLAY」が表示されたら成功です。
メタマスク oMOOI表示済
画像出展:『メタマスク』アプリ




oMOOIをMOOI Network上に移動(ブリッジ)する

かな
かな

メタマスクに入金された「oMOOI」と「oKLAY」は、まだ「MATIC」と同じ「Polygon Network」上に存在しているの。

MOOIのNFTゲームで使えるようにするためには、「MOOI Network」に移動させる必要があるんだよ!

仮想通貨やNFTなどを、異なるネットワーク(ブロックチェーン)間で移動させることを「ブリッジする」と言います。

MOOI Walletでウォレットを作成する手順

かな
かな

「oMOOI」や「oKLAY」をブリッジするためには、先に「MOOI Wallet」アプリをダウンロードして、自分のウォレットを作成する必要があるの。

「MOOI Wallet」は、MOOI Networkで運営されている仮想通貨やNFTを管理できるアプリで、MOOIのNFTゲームをプレイするにも必須のアプリだよ!

MOOI_アイコンGoogle Playで手に入れよう
MOOI wallet_DL_Android_QR
App Storeからダウンロード(iOS)
MOOI wallet_DL_iOS_QR

「MOOI Wallet」アプリで自分のウォレットを作成する具体的な手順は、こちらの記事で詳しく解説しています。




「Klay」の受信アドレスを確認する手順

かな
かな

この次のステップでoMOOIを「Klay Network」に送信するので、事前にMOOI Walletの受信アドレスを確認してコピーしておこう!

  1. MOOI Walletを開き、右上のネットワーク名が「MOOI Mainnet」となっていたら、そこをタップします。
MOOI Wallet ネットワーク確認
画像出展:『MOOI Wallet』アプリ
  1. 「Klaytn Mainnet」の左のラジオボタンをオンにし、左上の「<」(戻る)アイコンをタップします。
MOOI Wallet Klaytn Wallet選択
画像出展:『MOOI Wallet』アプリ
  1. 右上のネットワーク名が「Klaytn Mainnet」となっていることを確認し、アカウント名をタップします。
MOOI Wallet Klaytn Klaytn Mainnet画面
画像出展:『MOOI Wallet』アプリ
  1. 再度、アカウント名をタップします。
MOOI Wallet My Account画面
画像出展:『MOOI Wallet』アプリ
  1. 表示されているアドレスの右側の2つの四角(コピー)のアイコンをタップして、アドレスをクリップボードにコピーします。

このアドレスの先頭(0xより後)5~6桁程度を、軽くメモしておきましょう。この次のステップで、貼り付けミスを防ぐために参照します。

画像出展:『MOOI Wallet』アプリ
  1. これで、Klaytn受信アドレスの確認は終わりです。




「Orbit Bridge」でMOOIをブリッジする手順

かな
かな

次は、Polygon Network上の「oMOOI」と「oKLAY」をKlaytn Network上にブリッジさせるよ。

MOOI Networkにブリッジするためには、いったんKlaytn Networkを経由する必要があるの。島から島へ、順番に橋を渡っていくイメージだね。

Orbit Bridgeでは、「MOOI」だけでなく「KLAY」もブリッジする必要があります。以下の画面例はMOOIのブリッジ手順となっていますが、MOOIよりも先に金額の小さいKLAYで練習してみることをお勧めします。

MOOIやKLAYをブリッジするには、まずメタマスクのブラウザ機能で「Orbit Bridge」にアクセスする必要があります。SafariやGoogle Chromeなど、スマホのブラウザアプリを使うと、手順の途中で接続に失敗することがあります。

  1. 「メタマスク」アプリを起動し、上部に「Polygon network」と表示されていることを確認し、左上の三本線(メニュー)のアイコンをタップします。
MetaMask Menu
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. 「ブラウザ」をタップします。
MetaMask Menu Browser
画像出展:『メタマスク』
  1. 下部の虫メガネ(検索)のアイコンをタップします。
MetaMask Browser 検索アイコン
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. 入力欄に「orbit」と入力し、検索結果の「Orbit Bridge」をタップします。

検索結果のURLが「bridge.orbitchain.io」となっていることを確認してください。

MetaMask Browser 検索画面
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. IMPORTANT NOTICEが表示されたら、チェックを入れて「GOT IT」をタップします。

重要なお知らせ

  1. オービットブリッジのフィッシングサイトにご注意ください
    • 当社やオービットブリッジになりすまそうとする偽のWebサイトやソーシャルメディアにご注意ください。
    • オービットブリッジのURLをブックマークに登録し、秘密鍵やシードフレーズをウェブサイトに入力しないようにしてください。
    • Twitter/Telegramでの偽の景品にご注意ください。
  2. オービットブリッジがTONに対応(12月1日更新)
    • オービットブリッジはTON(The Open Network)ネットワークに対応しています。
  3. レイヤー&ブリッジ料金
    • オービットブリッジのドキュメントにあるCONVERSION AMOUNTフィールドとPOLICIESセクションにあるトークン変換には、レイヤー/ブリッジフィーが必要です。
  4. オービットブリッジトークン(oUSDT、oETH、oMATICなど)の使用について
    • アセットを他のネットワークに変換する際のブリッジトークンの用途を確認してください(例:Meshswap、KLAYswap、Belt Financeなど)。
  5. 韓国の取引所におけるトラベルルール
    • オービットブリッジは、トラベルルールソリューションを適用している韓国の取引所(Upbit、Bithumb、Coinoneなど)へのトークン譲渡をサポートしていません。
    • Travel Ruleソリューションが適用されている取引所にトークンを譲渡した場合、その場合の返金手続きが複雑で、時間がかかる可能性があります。
  6. オービット・ファーム
    • Orbit Farmは、スマートコントラクトやその他のDeFiプロトコルをブリッジ資産に活用し、より高い資本効率とトークンエコノミーの強化を図っています。
    • Orbit FarmはOrbit Bridge Layer 1 (Vault)にロックされた資産を利用します。

※2023年1月10日時点の日本語訳です。将来、原文が変更される可能性があります。

Orbit Bridge INPOTANT NOTICE
画像出展:『Orbit Bridge』




  1. 「Select a Token to Convert」をタップします。
Orbit Bridge convert
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「KLAY」は選択肢があると思いますので、「KLAY」をタップするだけで選択できます。
    「MOOI」をブリッジする時は、検索ボックスをタップします。
Orbit Bridge トークン選択画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「MOOI」をブリッジする時は、検索入力欄に「MOOI」と入力し、検索結果の「MOOI」をタップします。
Orbit Bridge トークン検索画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. ASSETが選択されました。次は、FROMの下の「Network」をタップします。
Orbit Bridge トークン選択後
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「Polygon」をタップします。
Orbit Bridge FROMネットワーク選択画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「Metamask」をタップします。

選択肢に「Metamask」が無い場合、Metamaskアプリ以外のブラウザでページを開いている可能性があります。

Orbit Bridge ウォレット選択画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. メタマスクの確認メッセージが表示されたら、「接続」をタップします。
Metamask Orbit Bridge 接続確認画面
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. 「TO」の下の「Network」をタップします。
Orbit Bridge FROMネットワーク選択後
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「Klaytn」をタップします。
Orbit Bridge TOネットワーク選択画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「CONVERSION AMOUNT」の欄には、ブリッジしたいMOOIやKLAYの枚数を入力します。「MAX」ボタンをタップすると、全てブリッジすることができます。
    「RECIPIENT ADDRESS」の欄には、受け取り側(Klaytn Network)のアドレスを入力します。「PASTE」ボタンをタップすると、MOOI Walletでコピーしたアドレスをペーストできます。
    完了したら、「CONVERT NOW」をタップします。

「RECIPIENT ADDRESS」欄は、操作ミスがあると、メタマスクの機能によって、メタマスク側のアドレスが自動入力されてしまうことがあります。

「0x」を除く最初の5~6桁で良いので、MOOI Walletのアドレスが正しくペーストされているか目視確認しましょう。

Orbit Bridge 入金アドレス入力画面
画像出展:『Orbit Bridge』




  1. チェックを入れ、「CONVERT NOW」をタップします。
  • トークンを誤って別のアドレスに送信すると、永遠に失われます。
  • 入力した受信者アドレスを常に再確認してください。
  • 交換リクエストが完了すると、それは取り消し不能です。
  • 資産を取引所に送る際は、取引所が契約ベースの入金をサポートしているかどうかを確認してください。
  • 交換契約に送られた資産(入出金機能をサポートしていないすべてのアドレスを含む)にはアクセスできず、万が一、資産損失が発生した場合の回収をサポートすることは不可能です。

※2023/1/11時点の翻訳です。将来、原文が変更される可能性があります。

Orbit Bridge コンバート確認画面
画像出展:『Orbit Bridge』
  1. 「確認」をタップします。
Metamask Orbit Bridgeコンバート確認画面
画像出展:『メタマスク』アプリ

「トランザクションエラー Internal JSON-RPC error」が出た場合は、

  • 『メタマスク』アプリをタスクキルして終了してから再起動する
  • ガス代(上の画像の、青文字の「0.004053MATIC」の部分)をタップし、「推奨ガス代を編集」をタップして、「低」のラジオボタンをオンにする(手数料が上がりますが、それでも1円にも満たない程度の金額になると思います)
  • 別の時間帯にやってみる

いずれかで、解決することが多いです。

  1. 「トランザクションが完了しました」と表示されたら、ブリッジ終了です。
Metamask トランザクション成功
画像出展:『メタマスク』アプリ
  1. MOOI Walletを開き、「Kalytn Network」にMOOIとKLAYが入金されていることを確認します。(着金まで時間がかかることがあります。長くても1時間くらいだと思います)
MOOI Wallet MOOI KLAY着金確認
画像出展:『MOOI Wallet』アプリ

ここまでで、Orbit Bridgeでのブリッジ手順は完了です。

KLAYのブリッジが終わったら、「Orbit BridgeでMOOIをブリッジする手順」に戻って、同じ要領でMOOIをブリッジしましょう。




「MOOI Swap」でMOOIをブリッジする

かな
かな

Orbit BridgeでブリッジしたMOOIは、MOOI Walletで確認できるようになったけど、「Klaytn Network」上に存在しているの。

MOOIのゲームで使ったり、MOOI SwapでPoolするためには、さらに「MOOI Network」にブリッジする必要があるんだよ!

ここでは、KLAYのブリッジは不要です。MOOIのみブリッジしましょう。

  1. こちらのボタンから「MOOI Swap」を開きます。

「MOOI Wallet」をインストールしたデバイスの、ブラウザアプリ(SafariやGoogle Chromeなど)で開いてください。

QRコードアプリの内部ブラウザなどではうまく動作しません。Googleで「MOOI Swap」で検索できます。URLが「https://mooiswap.exchange」であることを確認しましょう。

  1. 「Connect Wallet」をタップします。
MOOI Swap Connect Walletボタン
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 「Open Wallet」をタップします。
MOOI Swap Open Walletボタン
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 確認メッセージが表示されたら、「開く」などをタップします。
iPhone MOOI Wallet確認メッセージ
画像出展:iPhone画面
  1. 「MOOI Wallet」が開かれます。まず、PIN番号を入力します。
MOOI Wallet PIN番号入力画面
画像出展:『MOOI Wallet』
  1. 「Confirm」をタップします。
MOOI Wallet 接続確認画面
画像出展:『MOOI Wallet』
  1. 「OK」をタップします。
MOOI Wallet 接続確認成功
画像出展:『MOOI Wallet』




  1. ブラウザで開いている「MOOI Swap」に戻り、右上の三本線(メニュー)のアイコンをタップします。

ブラウザに戻った時に「Fail」と表示されていたら、もう一度2番の手順からやり直しすと解決することが多いです。

MOOI Swap メニューアイコン
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 「Bridge」をタップします。
MOOI Wallet メニュー画面
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 「From」が「MOOI Network」で「To」が「Klaytn Network」になっている場合、まず「↑↓Switch」をタップして上下を入れ替えます。
MOOI Switch
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 「MAX」をタップして、ブリッジするMOOIの枚数を入力します。
MOOI input MOOI volume
画像出展:『MOOI Swap』




  1. 「Bridge」をタップします。
MOOI Bridgeボタン
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 「Open Wallet」をタップします。
MOOI Bridge Open Walletボタン
画像出展:『MOOI Swap』
  1. 『MOOI Wallet』アプリが起動します。まず、PIN番号を入力します。
MOOI Wallet PIN番号入力画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
  1. 「Confirm」をタップします。
MOOI Wallet Bridge確認画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
  1. 「Next」をタップします。
MOOI Swap トランザクション成功画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
  1. 「Confirm」をタップします。
MOOI Swap Unwrap画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
  1. 「Close」をタップします。
MOOI Wallet トランザクション成功画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
  1. 画面の右上が「MOOI Nestwork」になっており、「MOOI」の枚数が増えていたら、ブリッジ成功です。
MOOI Wallet 入金完了後の画面
画像出展『MOON Wallet』アプリ
かな
かな

ようやくMOOIがウォレットに入ったね。

これで、MOOI Network上のゲームでNFTを買ったり、MOOI SwapでPoolすることができるようになったよ!

この機会に、おすすめのブロックチェーンゲーム『Claw Kiss』を100倍楽しみながら、更に仮想通貨を稼いでみてね!

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
ClawKiss_DL_QR

この記事のまとめ

この記事のまとめ
  • 仮想通貨「MOOI」は、CCP(着せ替え)ゲームの最大手ココネ社のグループが運営しており、将来性抜群。
  • 「MOOI」を買うまでの手順は複雑だが、その分先行者利益を期待できる。
  • MOOIを買ったらMOOI Network上のゲームをプレイして、更に仮想通貨を稼ぐこともできる。
  • MOOIを買うために必要な国内取引所は、初心者には「ビットフライヤー」がおすすめ。

特に、「ポケコロ」などの着せ替えゲームが好きな方は、これまで仮想通貨に触れたことがない初心者でも、ぜひこの記事を読みながら「MOOI」を買ってみて下さい。

かな
かな

ココネ社の新作ゲーム『ClawKiss』をプレイしながら、仮想通貨も稼げる「Dress to Earn」の世界を、ぜひ体験してみてくださいね。

それでは、良いメタバースライフを!

(おまけ)無料で仮想通貨を貰えるサービス

かな
かな

これまで仮想通貨に触れたことがなかった初心者の方に、仮想通貨を無料で貰えるサービスを紹介します。

MOOIを買うための元手を稼ぐこともできるので、無料で貰えるものは全て貰っておきましょう!

無料で仮想通貨を貰えるサービス総まとめ

口座開設でビットコインを貰える『ビットフライヤー』

ビットフライヤーでは、口座開設だけで2500円分のビットコインを貰えるキャンペーンが開催されていますが、それに加えて1万円以上の追加ボーナスを貰える方法を、こちらの記事で解説しています。

紹介リンクからの会員登録で1000円分のビットコインを貰える『ビッコレ』

ビッコレ は、紹介リンクからの会員登録だけで1000円分ビットコインを貰えるポイントサイトです。
会員登録の前に「あること」をしておかないと、ボーナスを出金できないリスクがあるので、こちらの記事で詳しく解説しています。

歩いてビットコインを貰えるアプリ『BitWalk』

歩いたり、ビットコインの価格を予想したり、無料ガチャを回すことで無料でビットコインを貰えるアプリです。

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)

『BitWalk』については、こちらの記事で詳しく解説しています。

歩いたり記事を読んでビットコインを貰えるポイ活アプリ『Cheeese』

ニュース記事閲覧や歩数などでビットコインが貯まるポイ活アプリです。「マネックス証券」や「コインチェック」で有名なマネックスグループが運営しています。

広告を見る手間が少なく、サッと短時間でビットコインを貰えます。

Cheeese_アイコンGoogle Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
Cheeese_DL_QR
『Cheeese』の招待コードf261b7604c54a82b
招待された方のボーナス0.00001BTC

『Cheeese』については、こちらの記事で解説しています。

無料で仮想通貨を貰えるサービス『BetFury』

1時間に1回でビットコインを貰え、1日2回無料のルーレットで仮想通貨を貰うチャンスがあります。無料のルーレットで大当たりすれば、1BTC(数百万円)当たるかもしれないという夢があります。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

無料でビットコインを貰えるサービス『freebitcoin』

1時間に1回、無料でビットコインを貰えるガチャを回すことができます。

Play to Earn! NFTゲームで遊びながら仮想通貨を稼ごう!

アバターを着せ替えしながら仮想通貨を稼げる『ClawKiss』

かわいいアバターを着せ替えしながら、新しい仮想通貨「$KS」を稼げる、2022年12月にサービスが始まったばかりの新しいゲームです。アバターをNFTとして売買することもできます。先行者利益があるかもしれません。

『ポケコロ』で有名なココネ社のグループが運営しており、NFTゲームとしては珍しく、無料で始めることができます。

Google Playで手に入れよう

App Storeからダウンロード(iOS)
ClawKiss_DL_QR

『ClawKiss』については、こちらの記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました