【2022/4】資産のポートフォリオを公開【3201万超過】

ポートフォリオ全公開 ポートフォリオ
この記事を書いた人
ポイ活・資産形成の達人
七瀬れんと@FIREシングルパパ

ポイ活の達人。マネーリテラシーの鉄人。子供が2歳の時からシングルパパに。
育児に全力投球しながらフルタイム会社員として働き、ポイ活と節約で入金力を磨き、米国株インデックス投資と暗号資産による資産運用で資産1億円を達成。子供と過ごす時間を増やすため、43歳でFIRE。
家族の食費はポイ活とふるさと納税だけで賄う、ポイ活のプロフェッショナル。
ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザー。

七瀬れんと@FIREシングルパパをフォローする

こんにちは!

この4月にFIREを達成した、マネーリテラシーの鉄人・ポイ活の達人こと七瀬れんとです。

今月も資産の状況を公開して参ります。

【目標】1億3000万0000円
【現在】1億6201万1032円(税引き後)
【超過】3201万1032円

【対前月】+3372万1447円

筆者は小さい子供を育てるシングルファーザーなのですが、自分のFIREのために将来の子供の教育費用は妥協したくないので、目標金額を普通より高めに設定しています。2022年に43歳でFIREし、FIRE後の平均利回りが仮に3%だったとしても、60歳(子供が大学卒業)の時点で1億円を残す想定で、1億3000万円と目標設定しています。

今月は、総資産は3000万以上のプラスとなりました。久々のプラスです。ウクライナの善戦によりリスク資産が下げ止まったこと、円安が進行したことが主因です。

20年以上務めた大手金融機関を3月末で退職したので、退職金が入ったり、会社に積み立てていた拠出型企業年金が一時金として支給されたこと、生命保険を解約したことにより解約返戻金が入ったことも大きなプラス要因です。

資産の内訳




資産クラス資産額  配分
割合
対前月
増加率
投資信託・ETF32,359,14413+80.3
暗号資産(仮想通貨)110,569,14145+30.5
FX193,0030+8
クラウドファンディング110,00000
現金・預金95,303,06039+6.5
確定拠出年金6,421,2263+7.2
住宅ローン▲46,089,971△0.2
2022年想定納税額▲15,820,000
2023年想定納税額▲21,034,570

先月と比べると、投資信託・ETF(米国株中心)が+80%と大きく増えていますが、これはウクライナ危機で相場が落ち込んでいる間に大きく買い増ししたためです。その後、相場が若干回復し、円安も進んだために、更に大きく増えました。

また、仮想通貨が久々に値上がり、約2500万円のプラスとなりました。3月末に、サッカークラブ「パリ・サンジェルマン」のメッシ選手が広告塔になった効果でCHZが値上がりしたことが主要因です。トレードはほとんどしておらず、もうしばらくガチホする予定です。

現金・預金も大きく増えていますが、これは20年以上務めた大手金融機関を3月末で退職したので、退職金が入ったり、会社に積み立てていた拠出型企業年金が一時金として支給されたこと、生命保険を解約したことにより解約返戻金が入ったことが主要因です。この資金は、米国株インデックスに投資する予定なのですが、ロシアが核兵器を使用する可能性がゼロではないなど世界情勢がまだ不透明なので、一度にまとめ買いはしません。当面は週に100万円のペースでS&P500の投資信託をドルコスト平均法で買い増ししていきます。もし暴落したら、買い増しペースを上げていきます。

投資信託・ETFの内訳




SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンドSBI証券19,690,268円
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)楽天証券9,700,312円
バンガード・S&P 500 ETF(VOO)楽天証券1,582,507円
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)楽天証券378,191円
全世界株式インデックス・ファンド三井住友信託銀行908,921円
米国株式インデックス・ファンド三井住友信託銀行98,386円
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)auカブコム証券559円

3月の米国株は堅調でした。

ウクライナの善戦と、米国政策金利の利上げが最小限だったことにより、リスクオフの流れが弱まったことの影響が大きいです。

ウクライナ情勢は、ニュースを見るたびに胸が痛みます。1日も早く平和が訪れることを祈っています。

暗号資産(仮想通貨)の内訳




計 110,569,141円

通貨取引所評価額  
AXSバイナンス4,885,048円
BNBバイナンス1,670,270円
BTCバイナンス2,439,603円
BTTCバイナンス0円
CHZバイナンス48,753,239円
ENJバイナンス1,527,393円
ETHバイナンス16,910,398円
IOSTバイナンス576,110円
SRMバイナンス397,470円
STORJバイナンス12,585円
USDTバイナンス563,144円
XRPバイナンス10,888,095円
XTZバイナンス5,235,607円
BTCBitFlyer11,407,700円
ETHBitFlyer4,203,190円
BNBMetaMask47,031円
AMTMetaMask138,994円
XRPbitbank266,869円
XYMSymbol Wallet586,766円

3月は、米国株と同様、仮想通貨市場も堅調でした。円安も進んだため、評価額は大きくプラスになりました。

主力のCHZが、3月末に、サッカークラブ「パリ・サンジェルマン」のメッシ選手が広告塔になった効果でCHZが値上がりしたことが主要因です。トレードはほとんどしておらず、もうしばらくガチホする予定です。

トレードはほとんど行っていませんが、BTTCはUSDTに交換して、ステーキングで枚数を少し増やしています。

BTCは3万ドル前後から7万ドル前後までの並行チャネルで推移しているように見えるので、4月以降も引き続き上昇に期待しています。

最悪、あと3年塩漬けになる可能性も否定できませんが、超長期では上昇トレンドが続くと見ています。

タイトルとURLをコピーしました