CFD取引とは? 現物取引との違いと注意点を解説

CFD取引 投資信託・ETF
この記事を書いた人
ポイ活・資産形成の達人
七瀬れんと@FIREシングルパパ

マネーリテラシーの鉄人。
妻の不倫により離婚。裁判で親権を勝ち取り、3歳児のシングルパパに。
育児に全力投球しながらフルタイム会社員として働き、ポイ活と節約で入金力を磨き、米国株インデックス投資と暗号資産による資産運用で資産1億円を達成。子供との時間を増やすため、43歳でFIRE。
家族の食費はポイ活とふるさと納税だけで賄う。
ファイナンシャルプランナー(AFP)、消費生活アドバイザー。

七瀬れんと@FIREシングルパパをフォローする

CFD取引とは?

CFDとは、Contract for Differenceの頭文字をとったもので、「差金決済取引」のことを指します。

FXも、CFD取引の一種です。

「差金決済取引」とは、一言でいうと「差額だけのやり取りが発生する取引」です。
現物での受け渡しを行わずに、反対売買によって出た金額の差で決済するため「差金決済取引」と呼ばれます。

株価指数(日経平均、ダウ平均、NASDAQ100など)や商品(金、原油など)、為替(ドル円など)、株式、暗号資産など、幅広い資産においてCFD取引を行うことができます。

CFD取引と現物取引との違い

株式投資を例に、CFD取引と現物取引の違いを解説します。

現物株を購入する場合、あらかじめ証券会社の口座に入金している資金の範囲内でしか購入することができません。当たり前ですが、入金している金額以上の現物を購入することはできないのです。

それに対し、CFD取引では、FX取引と同様にレバレッジをきかせた売買取引を行うことが可能です。
つまり、入金している資金以上のポジションを購入することができます。

また、相場が下がると予想している場合、売りから入ることもできるのです。

そのため、CFD取引は、ハイリスクハイリターンになりますが、少ない元手でも大きく利益を上げることができる可能性があります。

CFD取引のメリット

  • 国内外の株価指数、各種商品先物が対象のため投資できる範囲が広い
  • FXと同様、レバレッジをかける商品のため、より少ない資金で大きな取引ができる
  • 「売り」からも取引ができるので、取引のチャンスが多い

CFD取引のデメリット

  • レバレッジを掛けるためリスクが大きい
  • 追証(追加証拠金)が発生する可能性がある
  • 専用口座を開設する必要がある

CFD取引の注意点

デメリットにも書かれていますが、追証(追加証拠金)が発生する可能性があります。

そのため、CFD取引で損失が膨らむと、大きな借金を負うなどのリスクがあります。

特に、空売り(売りポジション)は、損失が青天井になりますので、注意が必要です。

CFD取引の損益の考え方

CFD取引では、ポジションをオープン(保有)し、クローズ(決済)するにより生じる価格の差額が損益となります。

CFD取引では、値上がりか値下がりかという値動きを予測して、取引を行います。

値上がりすると利益が得られる買いポジションはもちろん、値下がりにより利益を得られる売りポジションを建てることもできるのです。

売りポジションから入った場合、値下がり後にポジションを決済することで、差額を利益とすることができます。

CFD取引に向いている人

CFD取引は、少ない元手を大きく増やすことを目指す人におすすめの投資方法です。

そのため、FIREを目指し始めたばかりで、まだ貯金があまり貯まっていないような段階で、投資元本を作る際に重宝します。

しかし、レバレッジをかけすぎると全てを失ってしまう可能性もあります。

初心者のうちは低いレバレッジでCFD取引を開始し、十分に自信がついてからレバレッジを上げていくことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました